東京SEO対策サポート

SEOブログ

SEO対策で大切な初期設定を公開!S&EパートナーズのSEO対策プラン

この記事では、Googleの検索エンジンに対して最適化を行う、SEO対策の最も重要な初期設定について紹介いたします。(S&Eパートナーズでは「SEO初期対策」と呼んでおり、全てのSEO対策プランと、コンサルティングプランに含まれています。)

まずはSEO対策の各プランをご紹介

S&EパートナーズのSEO対策プランはお客様のご要望や目的、リソースに応じて大きく以下の3つのプランに分かれております。

  1. 上位化特化型SEO対策
  2. ライティング付きSEO対策
  3. コンサルティングSEO対策

上位化特化型SEO対策とは

上位化すれば反響が獲得できる商品やサービスを扱っている。競合他社の上に行きたい!とご希望のサイトオーナー様におすすめしているプランです。その名の通り、シンプルで分かりやす王道SEO対策プランです。

ライティング付きSEO対策

オーガニックからのアクセス数は安定しているがお問い合わせに繋がらない。より多くのキーワードを狙っていきたい。購買行動を起こすまでの検討期間が長い商品やサービスを扱っている!といったサイトオーナー様におすすめしているプランです。 特定のキーワードのみで上位化を狙うSEO対策だけではなく、複合ワードや幅広いキーワードを狙うための【良質なコンテンツ】もご提供いたします。社内のリソースがなくブログやお役立ち情報を書く時間がない方にもご好評いただいております。

こちらの記事でSEO対策を行ううえでのコンテンツの重要性を紹介しています。

コンサルティングSEO対策

成果!を徹底追及するための【コンサルティングSEO対策】は将来SEO対策を自社で行いたいとお考えのサイトオーナ様におすすめしています。SEO対策の提案やアドバイスはもちろん、良質なコンテンツのご提供やSNSの運用アドバイスまで多岐にわたります。

こちらの記事でコンサルティングSEO対策の内容を詳しく説明しています。

まずはSEO対策のすべてのプランで行うSEO診断をご紹介

診断する医師のイメージ

SEO対策を始めるにしても、200以上あるGoogleのアルゴリズムを一から順番に実施するのはあまり効率的ではありません。S&Eパートナーズではご契約いただいたお客様のサイトをまずは診断!SEO対策はユーザー目線はもちろんですが、それ以前にGoogleがガイドラインで言及している「してはいけないこと」をせず、「するべきこと」を競合他社より高い質でより多く行うことが大切です。そのために今のサイトに何が足りないのかを明確にします。そのうえで最も優先的に実施しなければいけない施策を初期対策として実施します。その際にサイト制作時の欠陥が見つかることも多々、、。そんな時は制作をされた制作会社様に直してもらうかサイト制作も行っているS&Eパートナーズで直すかをお選びいただけます!

下の図はSEO診断項目の一部です。

SEO対策の際に実施する項目の一部

診断結果を基に初期対策を行っただけで、下の図のように圏外から一気に1ページ目表示に上位化するサイトもあれば、、。

上位化が始まるまでに3ヶ月以上かかるサイトもございます。それは狙ったキーワードの競合他社も確りとSEO対策を行っている証拠です。

初期対策で正すべきSEO設計

まずはクローラビリティーとユーザービリティーを考えたディレクトリ構造になっているか、そうでない場合それを補えるよう内部リンクが設定されているかを確認し、最適化を行います。簡単に言うと「サイト内の重要なページからその他のすべてのページへ2クリック以内で到達できるようになっているか。」です。意外と見落としがちですので一度ご自身のサイトをチェックしてみましょう。

URLの正規化

①URL末尾にindex.htmlが有るものと無いものがどちらもインデックスされていてどちらも正常にページが表示されている。

②www.の有るものと無いもの、サブドメインすべて正常にページが表示されている。

③PC用とスマホ用でURLや表示するページの情報が分けられている。

Google では、Search Console でウェブサイトを包括的に管理するため、すべてのバージョンのウェブサイト(http、https、www あり、www なし)を Search Console に追加することをおすすめしています。新機能「ドメインプロパティ」が紹介された記事はこちらです。

主な対処方法

①不要なURLにアクセス際に、オリジナルのURLに対して301リダイレクトで転送するよう設定するか、拡張子を含まないURLに統一する。

②不要なURLにアクセス際に、オリジナルのURLに対して301リダイレクトで転送するよう設定する。

③レスポンシブウェブデザインへのリニューアルが最もおすすめ。

不要な外部リンクの精査

これは外部からの被リンクに悪影響を及ぼすものがないか、あればリンク否認をします。対策サイトから外部のサイトへ不要な初リンクはないか、あればnofollowタグを設置するか、発リンクを除去します。

メタタグや見出しタグの最適化

タイトルタグ、ディスクリプションや、h1、h2といったものをSEO目線からもユーザー目線からも最適化を行います。ここではとにかく対策キーワードを詰め込んでいたり、おかしな表現になっていたり、すべて同じ内容に設定されていることが多く、商品やサービスの強みをユーザーに分かりやすく発信できていないことがほとんどです。そのため初期対策の中でも多くの時間を割いて最適化を行います。

不足コンテンツの追加

これは今までSEO対策をお受けしてきたサイトのほとんどが該当します。サイトを制作し、発信する側は十分に情報を揃えているつもりでも、私たちSEOコンサルタントがSEO観点とユーザー目線でサイトを見ると足りない情報が山積みです。そこで不足している情報(コンテンツ)の見出しを提供したり、場合によっては加筆も致します。それにより、順位の上昇だけではなくユーザーのコンバージョン(お問い合わせなどのなんらかのアクション)につながりやすくなります。

外部サイトやSNSの運用

ここでは、対策サイトの最適化が済み発信できる状態になった際に、しっかりと発信できるチャネルやメディアを整えておきます。現在は外部リンク用に量産されたサイトから沢山の被リンクを設置するよりも、様々なチャネルやメディアを使い発信する方が結果的に良質な被リンクを多く受けることができ、SEO会社との契約終了後にもその被リンクが撤去されることがありません。発信の方法さえ間違えなければデメリットがない施策がといえます。

その他の初期対策

前に設置した画像の通りSEOの診断項目はまだまだあります。テクニカルなものも多くありここでの紹介は控えますが、要は徹底的にサイトの粗探しを行いこれらを正す対策です。競合がSEO対策を考えていない。広告に頼り切っている状態であればすぐに上位表示が可能になります。そこからは良質な情報を発信し続けることで上位化は保てるはずです。そうでない場合は私たちSEOコンサルタントがあらたな切り口のコンテンツや、その発信方法を提案し続けサイトを強化していきます!

さいごに

SEO対策とは最低限の決まりはあるものの、結局はGoogleが言うようにユーザーにとって有益な情報を検索結果に表示させるために行うものです。

それをリソースが限られたなか社内で完結させることは相当なユーザー目線と、実践経験がなければ難しいものです。それを補うために多くの実践経験を持つ外部のSEOコンサルタントを上手に活用し、そこで得たノウハウを将来的には社内でSEO対策を完結していただけるように提供していくことをS&Eパートナーズは心掛けています。そのため、施策の内容はすべて開示しています。また、社内で実践いただけるようわかりやすく提案・提出していますので、社内で共有していただくことも、あとで見返していただくことも可能です。

初めてのSEO対策に挑もうという方も、すでにSEO対策は外注しているが対策内容が見えず思った成果が出ていないと感じている方も【SEO無料診断】で、まずは課題を発見しましょう。そしてその課題を解決するために必要なプランをご案内いたします!!今すぐS&Eパートナーズにお問い合わせを!お問い合わせの内容に「課題発見」と入力いただくとご案内がスムーズです。

前の記事を読む 次の記事を読む

SEO対策を解りやすく、丁寧に二人三脚でサポート致します。

S&Eパートナーズは「やっと出会えたパートナー」であると自負しています。

お電話でのお問い合わせ
お電話
メールでのお問い合わせ

お急ぎの方はお電話ください。即ご対応します。

お問い合わせはこちら

最短2時間以内で回答します!

お見積はこちら