東京SEO対策サポート

SEOブログ

リニューアルで順位が落ちた!サイトの復活事例(難易度:低)を公開。

今回は、リニューアルをした途端「〇〇復旧 地域名」というキーワードで3位に表示されていたが、リニューアルで9位に落ち、アクセスも大きく下がったサイトの復活方法を公開します。 難易度は低い施策ですが、見落としがちですので要チェック!!正しいサイトリニューアルの助けになれば幸いです。

※順位が下がり復活した際の順位取得ツールの図

まずはリニューアル前のサイトの状態を確認

リカバリーか初めてかを問わず、検索エンジンで上位化を目指すSEO対策ではサイトの現状把握が最も大切。次に競合調査に進みます。

今回は、リニューアル後のリカバリーということで、GoogleSearch Consoleを利用し、リニューアル前と現在で各クエリの掲載順位がどのように変化したかを確認します。

手順を紹介します。

Search Console検索パフォーマンス⇛平均掲載順位⇛日付をリニューアル前とリニューアル後の期間を比較する⇛順位が高い順にソート。

そうすると以下のような画面に参ります。そこで、大きく順位が落ちているクエリがないかを確認します。

今回の事例ではいくつか大きく順位が落ちているキーワードがありましたので、リニューアル前のサイトのコンテンツを確認したところ、リニューアルの際に、ごっそり消してしまったコンテンツを発見!!

そのコンテンツを再度掲載することで、順位は元通りになりました。(よかった)今回はかなり難易度は低かったものの、コンテンツ(テキスト情報)の引き継ぎは見落としがちなんです。

意外と多いリニューアルの落とし穴

このように簡単に解決できるものもあれば、問題が多岐にわたるものも、、。これまで私達が遭遇したリニューアルの落とし穴をいくつか紹介しておきます。

  1. 旧URLから新URLへのリダイレクトミス
  2. きちんと精査せずに主観で不要と感じたページを削除した
  3. デザインばかりを気にしてユーザーの使いやすさを考慮せずわかりにくいサイトになってしまった
  4. 旧サイトも公開したまま、新たに同じサービスのサイトを公開した

などなど、SEO対策をご存じの方ですと驚くような内容ばかりですが、意外と多く遭遇する失敗です。皆様もこのような事態に陥らないように、制作会社の選定は慎重に行いましょう。

最後に

S&Eパートナーズでは、リニューアルの際の企画提案や、リニューアル後に順位が下がってしまったリカバリーも行っております。

やってしまった!!となる前に専門家にお気軽にご相談ください。
前の記事を読む 次の記事を読む

SEO対策を解りやすく、丁寧に二人三脚でサポート致します。

S&Eパートナーズは「やっと出会えたパートナー」であると自負しています。

お電話でのお問い合わせ
お電話
メールでのお問い合わせ

お急ぎの方はお電話ください。即ご対応します。

お問い合わせはこちら

最短2時間以内で回答します!

お見積はこちら