東京SEO対策サポート

SEOブログ

【SEO】 ホームページのスマホ対応は万全ですか?

御社のホームページはスマートフォンで見たときに、きちんと スマホ用に最適化されていますか?

2015年4月にGoogleがモバイルフレンドリー(スマホ対応しているサイト)を、モバイルでの検索結果の順位づけにおいて優遇するようになりました。

スマートフォンで検索した時の検索結果は、スマートフォン対応のホームページの方が検索ランキングで上位に表示されやすくなります。

「モバイルフレンドリー」の影響力が今年、2016年の5月からさらに強化されました。 そのため、スマホユーザーが半分以上を占めるサイトなどは、早急に対応が必要です。

ウェブサイトをモバイルフレンドリーにする理由

グーグルの公式ページには 以下のように記載されています。

PC 向けのサイトは、モバイル端末では見づらくて使いにくいことがあります。モバイル フレンドリーではないサイトの場合、ユーザーはコンテンツを読むためにピンチやズームなどの操作が必要になります。こうしたことに不満を感じたユーザーは、サイトを離れてしまう可能性があります。これに対し、サイトがモバイル フレンドリーであれば、コンテンツが読みやすく、すぐに利用できます。 米国では、スマートフォンのユーザーの 94% が地元の情報をスマートフォンで検索しています。モバイル検索の 77% は自宅や職場で行われています。パソコンがある可能性が高いこれらの場所でモバイル検索が行われているのは興味深いことです。 お気に入りのスポーツチームに関するブログの作成、劇場のウェブサイトの運営、顧客への商品の販売など、ビジネスの種類を問わずにモバイルは重要となっており、今後もその重要性は変わらないと考えられます。サイトでは、ユーザーがモバイル端末からアクセスした場合に、優れたエクスペリエンスを確実に提供できるようにする必要があります。

まとめると ユーザーがスマホ(モバイル端末)でアクセスした際にモバイルフレンドリーサイトの方が「読みやすく」「サイトを利用しやすい」 そういったページをユーザーに表示させる事がGoogleは大切だと考えているために モバイルフレンドリーサイトを検索順位で優遇するわけです。

今回のアップデートにより影響を受ける可能性があるのは、あくまでモバイル対応していないホームページです。既にモバイル対応済みのホームページについては今回のアップデートによる影響はありません。

また、コンテンツの質が高ければ、検索されたキーワードとの「関連性が高い」と判断され、スマホ対応でなくてもランキングされる事があります。 順位を決定づけるのはやはり「ホームページとの関連性」が重要であることがよくわかりますね。

【PR】S&Eパートナーズは、自社で実践済みのSEOノウハウをお客様にご提供しています。|東京SEO対策

S&Eパートナーズの一番の強みは、自社集客で実践して効果があったものを、お客様にもご提供できるところです。 Googleの考えに沿った最新のアルゴリズムをいち早く実践したSEOサポートで結果を出します。 ホームページ運営第一歩からのWEB集客のご提案をいたしますのではじめての方でもご安心していただけます。

》》》》東京SEO対策のお問い合わせはこちらから 》》》》弊社のSEO対策戦略はこちらのページから

前の記事を読む 次の記事を読む

新着記事

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Facebook

リンク

SEO対策を解りやすく、丁寧に二人三脚でサポート致します。

S&Eパートナーズは「やっと出会えたパートナー」であると自負しています。

お電話でのお問い合わせ
お電話
メールでのお問い合わせ

お急ぎの方はお電話ください。即ご対応します。

お問い合わせはこちら

最短2時間以内で回答します!

お見積はこちら