東京SEO対策サポート

SEOブログ

【保存版】SEOを始める時のキーワード選びで注意したいこと

これからSEO対策をお考えの方は 「こんなキーワード上げたい」という
希望が何かしらあるかと思います。

最初のキーワード選びを誤ると「上位に上がったのにアクセス数があまりアクセス数がない」
という状態になるため、ある程度しっかりと調査して選定することが必要です。

本日はSEO対策で狙うべきキーワードの選び方・選定ポイントをご紹介いたします。

1.ある程度検索ボリュームがあるキーワードを狙うべき

「こんなキーワードで上げたい」というキーワードがあった場合にまず確認したいのは
そのキーワードでどのくらい検索されているか、ということです。(検索ボリューム)
検索ボリュームが少ないキーワードを狙うと、キーワードが上位化しても
ほとんどアクセスがない・・ということになります。

検索ボリュームは、 Googleアドワーズの「キーワードプランナー」で簡単に調べることが可能です。

キーワート? フ?ランナー Google AdWords

しかし、検索ボリュームが高いからといっていきなりビッグワード、単体ワード
に取り組むのはおすすめしません。次の項目でその理由をお伝えします。

2.いきなりビッグワード狙いよりもロングテールワードから攻めるべき

例えば、たまに
「りんごの通販サイトを運営していて『りんご』というキーワードで上げたい!」
というような依頼があります。

「りんご」というキーワードであげるのはもちろん悪いことではありませんが
この単体ワードを検索する人の中には、

  • りんごの種類について調べている人
  • りんごのレシピを考えている人
  • そもそもりんごって何?と調べている人(あまりいないかもしれませんが・・・)
  • りんご」という名称の「歌」「歌手」「商品」「本」などを調べている人

など様々な人が含まれていることが考えられます。

そのため、かなり競争は激しいと考えたほうが良い事と
ホームページがGoogleから一定の評価を得るまでは、まず上がらないと考えたほうが良いです。

それに比べて「りんご 通販」というキーワードなら
ほぼ、りんごを通販で買えるショップを探している事が考えられるので
りんごの通販サイトを運営しているのであれば、サイトとの関連性が非常に高いと言えます。

また、Googleは検索されたキーワードとより関連性の高いページを評価し、順位に反映させます。
そのためまずはこのキーワードの上位化を狙う事が最終的に売り上げにつながりやすい事はもちろん
サイトのテーマ性を高める事でサイト自体の評価をあげる事につながり、後々は「ビッグワード」も狙いやすくなってきます。

3.実際、検索者がどのように検索されているか調べる方法

上記の2つのポイントをふまえた上で、そのキーワード関連で実際にどんなキーワードが検索されているのか
知る事ができるツールが「good keyword」というツールです。

goodkeyword

検索窓にキーワードを入れると、実際にGoogleで検索されているキーワードの組み合わせが出てきます。
さきほど例に出した「りんご」で打ち込んでみると

「りんこ?」の関連キーワート?

このようなバリエーションで検索されているようです。このキーワードの中から自社のサービスのターゲットとする人が検索しそうなワードを選んで検索ボリュームがそこそこあるかどうかも調べて選定すると、「上がったのにアクセス数がほとんどない!」という悲しい状態を避ける事ができるかと思います。

S&Eパートナーズバナー
【PR】ホームページ集客成功の秘訣はアクセス解析!多くの企業が導入している人気の「アクセス解析レポート」無料トライアルはこちら

前の記事を読む 次の記事を読む

新着記事

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Facebook

リンク

SEO対策を解りやすく、丁寧に二人三脚でサポート致します。

S&Eパートナーズは「やっと出会えたパートナー」であると自負しています。

お電話でのお問い合わせ
お電話
メールでのお問い合わせ

お急ぎの方はお電話ください。即ご対応します。

お問い合わせはこちら

最短2時間以内で回答します!

お見積はこちら