TOPICS

難易度が高すぎるキーワードだけに時間を割いていませんか?

SEOで上位表示を目指すのであれば、そのキーワードの検索結果順位=競合ライバル を意識するのは当然のことと言えます。しかし、難易度の高いキーワードでSEO対策をすると、思うような効果はなかなか出ません。

事前に難易度をチェックせず対策を始めてしまうと、キーワードによっては1年以上かかってしまうような、長期間上位化ができず、アクセスも集められずコストだけが掛かってしまう恐れもあります。SEO対策を始める前には、必ずキーワードの難易度をチェックしておきましょう。

その上で、競合相手の情報をチェックしたり、コンテンツの品質を向上させたり、ロングテールキーワードでのSEO行うことで、効率よくアクセスを増やしコンバージョンをアップさせることが出来ます。

 

このページでは具体的にどのようにキーワードの難易度、競合相手の情報チェック、コンテンツの品質を向上させるか、ロングテールキーワードでのSEOをどのように行うかについて紹介していきます。

 

キーワード難易度をチェックする

そもそも「難易度の高いキーワード」とはなんでしょう。

リスティング広告やSEOである程度アクセスが増えてくると、サイトへのアクセスデータからコンバージョンを獲得しやすいキーワードが分かってきます。
当然そのキーワードでさらに流入を増やそうと思うのが普通ですが、そのキーワードが「人気のあるキーワード=ビッグーワード」だった場合「難易度の高いキーワード」と言えます。

 

難易度を具体的にチェックする為の方法は?

検索のボリュームから考える方法があります。ニーズが高い=ユーザーがよく検索するキーワードなので、その分上位化の難易度は上がります。
検索のボリュームを調べられるツールとして有名なのが、「Google Adwordsキーワードプランナー」です。

Google Adwords keyword planner

 

Google Adwordsキーワードプランナー

キーワードプランナーに、調査したいキーワードを入力すると、「月平均検索ボリューム」を表示してくれます。

もちろん、100%性格な数値化はなんとも言えませんが、Googleに検索エンジン上で月に何回ぐらい検索されているかの指標となります。
複合キーワードでも難易度が推測可能な便利なツールです。

 

競合相手の情報をチェックする

中々、上位化しない・・とお悩みの場合は もう一度ライバルの情報をチェックしてみましょう。

例えば、対策しているサイトがローカルエリア限定の数十ページのホームページだとして、 ライバルが全国をターゲットとする数百ページのポータルサイト等の場合、 いきなりそのキーワードで狙うのは難易度が高いです。

 

ライバルの情報を具体的に調査する方法は、インデックス数(ページ数)とバックリンク数(外部サイトから受けるリンク)をツールで調べる方法です。

 

インデックス数(ページ数)

Googleの検索結果に「site:競合相手のドメイン名」を入れて検索してみてください。

例)site:https://seo-best.tokyo/

するとそのドメインのインデックス数が表示されます。競合相手より多くのコンテンツ作成やコンテンツの品質を心がけていきましょう。

インデックス数

 

バックリンク数(外部サイトから受けるリンク)

弊社ではMOZというツールを主に利用しています。有料で、アカウント登録が必要です。

MOZはこちら

 

外部サイトから受けるリンクはコンテンツの品質に次いで上位化に重要な項目です。

 

無料で調査できるサイトもありますのでご利用ください。

被リンクチェック ツール hanasakigani.jp

リンク先:http://hanasakigani.jp/

 

ロングテールキーワードでのSEO

ロングテールキーワードとは、「3語以上から構成されるニッチ語句」を言います。

例)「ダイヤモンド ネックレス 1カラット」といったように、

ボリュームは少なくても、検索された場合のコンバージョン率が高く、対象も限定されるキーワードです。

ロングテールキーワード(複合ワード)であれば 十分に上位化を目指せる可能性があります。 また、ロングテールキーワードは具体的な意図が含まれており、反響につながり易い キーワードである場合もあります。
ロングテールキーワードは、ビッグワードに比べて検索数は少ないかもしれませんが 様々なロングテールキーワードでアクセスを集めることができれば、コンバージョン率は 良くなるしょう。

 

まとめ

以上のように、こちらのページでは「キーワード難易度のチェック」、「競合相手の情報をチェック」、「ロングテールキーワードでのSEO」について伝えてまいりました。

 

いきなり、難易度の高いワードを目指すことだけに時間を割くのではなく競合相手の情報をチェックしながら自分のサイトを見直していく。その結果、よいコンテンツを沢山作っていく。

ニッチなワードを見つけて選定し、対策を行うことで、検索ボリュームは少なくとも、反響が増える可能性もあります。どのようにして反響につながり易いニッチなロングテールワードを探すのか、 またどのようにしてそれらのワードでアクセスを集めるのかは 弊社がアドバイスさせていただきます。ぜひご相談ください。

 

S&Eパートナーズバナー

また、S&EパートナーズではSEO対策無料診断も行っております。SEO対策無料診断では、視覚的に改善箇所がわかるバブルチャートや、各改善箇所の順位への影響度が記載されたSEO対策無料診断資料をお送りいたします。希望のキーワードとサイトをお伝えいただけましたら、S&Eパートナーズが診断内容を基に、具体的な改善施策を別途資料でお送りいたします。資料を参考に改善を実施してみたり、「自社ではこれ以上のSEO対策は難しそうだな」と思われたなら、そのままSEO対策のご依頼をしていただいても問題ございません。

お電話・ZOOMにて口頭にて詳しくご説明することも可能です。下記のリンク先からお問い合わせいただきましたら、最短30分で返信いたします。ぜひお問い合わせ下さい。

SEO対策無料診断はこちら

この記事の筆者

SEOコンサルタントの
ご紹介

日々成果と向き合いお客様をサポートするコンサルタントをご紹介。

  • 吉田 愛美
    MANAMI YOSHIDA

    WEB知識のない方でもわかりやすい説明を徹底しています。
    毎日100サイト以上の順位変動を確認。サイトごとに必要なアプローチについて考え、管理を行っています。

  • 門田 雅史
    MASASHI KADOTA

    全日本SEO協会1級、GAIQ(Googleアナリティクス個人認定資)取得。成果に直結するように、WEBマーケティングの知識を使用して、常に最善をつくし、お客様と向き合っています。

  • 田代 千夏
    CHINATSU TASHIRO

    Googleの検索アルゴリズムに精通し、様々な角度から最適化の改善を行っています。コンテンツマーケティングに強く、記事のご提案でサイトのコンバージョン率をアップさせます。

SEO対策を解りやすく丁寧に二人三脚でサポート SEOを本気で取り組みたい方の
本気のお問い合わせ
お待ちしています。
フォームでのお問い合わせ24時間受付可能 0120-339-888
受付時間:平日10時〜18時(年末年始除く)

クイックレスポンス!最適プランをご提案します。無料診断はこちら クイックレスポンス!最適プランをご提案します。無料診断はこちら