TOPICS

AMP対応ページが全検索結果に表示されるように!SEO順位との関係は?

スマホで何かを検索した時に表示が遅くてイライラした体験をしたことある方
は多いと思いますが、スマホユーザーは表示速度が遅いとすぐに、ページを閉じてしまうことが
分かっています。
そして現在Googleはモバイルユーザーがもっと快適にモバイルページを閲覧できるようにと
力をいれています。
 

AMPとは? 

 
2016年4月からGoogleの検索結果ではAMP(Accelerated Mobile Pages)という
簡単にいうとモバイルページが「一瞬」で表示される
ページが検索結果の「トップニュース欄」の表示されるようになりました。
(サイト側がAMP対応ページを用意していることが必要です)
 

AMP対応ページの検索結果での表示が変わる? 

半年前にスタートしてから、現在では週に400万ものページがAMP対応ページとして追加されています。
その利用拡大を受けて、今後は、全検索結果にAMP対応ページについては
「AMP対応」とラベルがつくようになります。そのため今までより多くのサイトが
AMP対応ページをユーザーに見てもらえるチャンスが増えるということです。
すでに日本でも、アメーバ、楽天、リクルート、朝日新聞、産経新聞、日刊スポーツ、毎日新聞
等のサイトがAMPページを多く提供しています。今後さらに増えていくことが予想されます。
 

一番気になる(?)SEOとの関連性は? 

上記の変更点に関してはSEOの順位が影響するわけではないと発表されています。
しかし、ユーザーからは表示の速さが選ばれるページになることは間違いないでしょう。
まだ、今後発展していくAMPに関する情報は要チェックです。

S&Eパートナーズバナー
【PR】ホームページ集客成功の秘訣はアクセス解析!多くの企業が導入している人気の「アクセス解析レポート」無料トライアルはこちら

この記事の筆者

SEOコンサルタントの
ご紹介

日々成果と向き合いお客様をサポートするコンサルタントをご紹介。

  • 吉田 愛美
    MANAMI YOSHIDA

    WEB知識のない方でもわかりやすい説明を徹底しています。
    毎日100サイト以上の順位変動を確認。サイトごとに必要なアプローチについて考え、管理を行っています。

  • 門田 雅史
    MASASHI KADOTA

    全日本SEO協会1級、GAIQ(Googleアナリティクス個人認定資)取得。成果に直結するように、WEBマーケティングの知識を使用して、常に最善をつくし、お客様と向き合っています。

  • 田代 千夏
    CHINATSU TASHIRO

    Googleの検索アルゴリズムに精通し、様々な角度から最適化の改善を行っています。コンテンツマーケティングに強く、記事のご提案でサイトのコンバージョン率をアップさせます。

SEO対策を解りやすく丁寧に二人三脚でサポート SEOを本気で取り組みたい方の
本気のお問い合わせ
お待ちしています。
フォームでのお問い合わせ24時間受付可能 0120-339-888
受付時間:平日10時〜18時(年末年始除く)

クイックレスポンス!最適プランをご提案します。無料診断はこちら クイックレスポンス!最適プランをご提案します。無料診断はこちら